DVD鑑賞

約2か月半ぶりの更新
その間、お絵かきも、PC勉強もやらなかった。
充電しつつ、何かが芽生えるのを、あるいは ひらめくのを、待っている・・・つもり。
自然になにかが満ちてくるのを待とうかな~という気分。

そんななか、月に4枚のレンタル契約をしているDVDの中で印象深かったものの感想でも
書いてみようかなと、思いついた。
今回限りか、少し続くのか、わからないけど、簡単な一口感想。

☆「グラン・トリノ」
 老いてはいるが、心は老いていない。
 クリント・イーストウッド演じる主人公がとにかくカッコいい!

☆「スラムドッグミリオネア」
 貧困の中での、不屈の魂と愛が運命を切り開いてゆく。
 何があっても負けちゃダメなんだよ!
 たとえ肥溜めの中にでも飛び込んでいくのだ(映画参照)

☆「悪人」
 モントリオール世界映画祭で、ヒロインの深津絵里が最優秀女優賞を受賞した映画です。
 見ごたえのある映画だった。
 法を犯したものが「悪人」なのか。
 法で罰することのできない悪意を放つ者が充満している現実を描いています。

☆「ラースとその彼女」
 ラースとその彼女をめぐる、ほわっと温かい気持ちにさせてくれる映画。
 とっても優しい気持ちになります。

☆「ファニーゲームU.S.A」
 自分でこの映画をレンタルリストアップしたことを忘れていて、
 うん? 題名からしてお気楽な映画かなぁと思いながら観た。

 なんというか、恐ろしくて、後々までその印象が残ってしまう映画だ。
 そういう意味では傑作なのかな。
 直接の暴力シーンはほとんどないが、不条理な暴力の圧迫感が終始漂っている。
 就寝前に観るんじゃなかった。気持ちを切り替えるのが大変だった。
 途中でだれることなく最後まで緊張感が続く。
 救いのないストーリー。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック